和婚スタイルが新しい♪

17

 

教会やホテルでの洋風の結婚式が主流だった日本ですが、近頃では「和婚」が見直されてきています。

現代の和の結婚式

日本ならではの歴史や伝統、美意識を大切にした和の結婚式。
すべてを和の雰囲気にするのではなくどこかに和の要素を取り入れた結婚式を総称して「和婚」と呼ばれています。

神社や仏閣での「神前式」や「仏前式」今では「人前式」と呼ばれる昔ながらの「祝言」などの挙式の形式を和にしてもいいですし、白無垢や色打掛、引き振袖など日本伝統の花嫁衣裳を着て料亭や旅館など和の場所での披露宴にしたり、懐石料理などを主体とした日本料理をふるまうのもいいですね。

和婚の挙式

まず頭に浮かぶのは神前結婚ではないでしょうか。

八百万の神々に誓う伝統の結婚式で、挙式は神前にて斎主(神職)によって執り行われます。

神殿に祀られた神々に対して「祝詞奏上」「三々九度の杯の儀」「誓詞奏上」などの儀式を通して結婚を誓うこの形式は、列席の家族や親族とともに、代々受け継がれてきた式次第に則って行われます。

神楽の音色や巫女の舞、端正な神殿など、随所に日本の伝統が感じられ、厳かな雰囲気で式が進められます。

仏前結婚はあまりなじみがありませんが、一度結婚すると来世でも縁が結ばれるという仏教の教えに基づき、新郎新婦が仏の前で来世までの結びつきを誓うというものです。

祖先に結婚の報告をし、2人のめぐりあわせを仏に感謝する儀式でもあります。

仏前結婚は戒師(成婚式の導師)、楽人(雅楽の奏者)などの僧侶が式を執り行います。

本尊の前で夫婦の誓いをかわし、念珠(数珠)を受けて焼香し、盃をかわします。

ただし少なくとも両家のどちらかが挙式を行う寺院の宗派に属していなければいけません。

今、流行り始めている大切な人々に見守られて行う「人前式」ももともとは「祝言(しゅうげん)」と呼ばれ、以前の日本では一般的でした。

親族や客を招き、皆に見守られる中で結婚を誓い、祝いの言葉をもらい宴席となる形は年配の方々の中には教会で挙げる結婚式よりも親近感がわくものでしょう。

洋風の会場で「和婚」の演出

やはりウェディングドレスを着て教会で式を挙げたいけれど、着物も来てみたいという方は、披露宴を和の形式にしてみてはいかがでしょう。

洋風な雰囲気の会場でも装飾次第で和風にするができます。例えば、会場のテーブルコーディネートや、受付やケーキにもお揃いの和の花を飾ったり、食器を和モダンの物にそろえたり、洋食ではなく和食のみにするなど、こだわりを統一してみると、和の雰囲気を出すことができます。

衣裳を白無垢や、色打掛・黒引きにしてもヘアスタイルをレトロな洋風にアレンジすると、会場の雰囲気にも合うモダンな和婚ができるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ