新しいスタイル!!ブライドメイドお願いしよう♪

 

38

 

欧米では定番のブライズメイドを日本でも取り入れるカップルが多くなりました。

でも、一般的にはなじみのないブライズメイドってどんなものなのでしょう。

ブライズメイド(bride’s maid)って何?

欧米の映画やドラマなどの結婚式の場面で祭壇の花嫁側に女性が数名、花婿側に同人数の男性が立っているのをよく見ます。

これがブライズメイドとグルームズマン(アッシャー)といい、カップルに付き添い、立会人となります。

たいていは花嫁花婿の友達、兄弟姉妹、親族が務めます。

ブライズメイドの中でも一番花嫁と親しい、代表的な立場の女性をメイド・オブ・オナーと呼び、花婿側の代表をベストマンと呼びます。

揃いのドレスやスーツを着て、結婚式がスムーズに進むようサポートし、見守るのです。

h3>ブライズメイド、グルームズマンの由来<

ブライズメイドやグルームズマンの習慣は、中世のヨーロッパが起源で、花嫁の幸せを妬む悪魔から花嫁を守るために、未婚の姉妹や友人たちが花嫁と同じような衣裳を着て付き添い、悪魔の眼を惑わした伝統が起源とされています。

中世のブライズメイドは悪魔から花嫁を守る為に花嫁と同じような白のドレスを着て一緒に祭壇に立ちましたが、今はテーマカラーを決めてあえて白は避ける風潮があります。

ブライズメイドの役割りって?

ブライズメイドとは、大切な人の晴れの日を一番近くでお祝い出来る、とても重要な役割です。
一生に一度の結婚式、準備で追われる大切な親友の結婚式のために一肌脱ぎたいと思っている人には花嫁をサポートする大切な役目としてうってつけです。

欧米ではウェディングドレスを新郎に当日まで見せないという習慣があるので、ブライズメイドの役割は花嫁のドレス選びや結婚式の準備、結婚式までの精神的なサポート、そして当日はウェディングドレスの着付けを手伝うなど大切なアシスタントとなります。

日本の結婚式の場合はたいてい介添え人がいるので、ブライズメイドはバージンロードで花嫁に先立って入場し、結婚式で指輪をはめる際にブーケやグローブを持ったりなど花嫁が動きやすいようにサポートをします。

ブライズメイドやグルームズマンは披露宴や二次会の受け付け、式の後のパーティの企画に参加したりと重要な役割を担います。

気心の知れた友人ならではのサポートを通して結婚式を一緒に作っていき、一生心に残る二人の大切な思い出づくりに参加できる素敵な役割となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ