時代を超えても変わらないものとはなにか??

14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな時代背景の影響を受けながら変化してきた結婚式ですがそれでも変わらずに受け継がれてきたものとはいったいなんでしょう。

結婚式を挙げる意味

お世話になっている方々に結婚を報告し、今までの感謝の気持ちを伝えたいという思いはだれにでもあるはずです。結婚式に招待し、みんなに結婚の報告を祝っていただけるのはうれしいものです。

また、結婚式を挙げることは親孝行にもなります。両親への感謝の気持ちを素直に伝えることができ、式の準備を進めるうえで、時には相談したり、お願いしたりすることも親孝行の一つかもしれません。

そして、結婚式の準備や当日の経験を通して、二人の間に価値観の再確認や共同作業の役割分担なども自然に行われ、新生活のスタートをよりスムーズにしてくれるという説もあります。

育ってきた環境が違うことで、いろいろな食い違いがに気付くでしょうが、それをお互い早めに知ることで歩み寄ったり、譲り合ったりするのは新しい生活の予行演習ともなります。

時代を経ても変わらない文化

しきたりとして変わらないものにご祝儀と引出物の文化があります。

引き出物は平安時代に馬を庭に引き出して贈り物としたものが、後に馬の代わりに金品となったことが由来とされています。

元来、「引き出物」は結婚式等で出された料理を折詰にしてお土産として持ち帰ってもらうものでした。

かつては大きなもの、特別なものが好まれましたが、持ち帰りが困難だったり、「ごちそう」が一般化して特別ではなくなったことなどでそういったものは衰退しました。

それに代わって出てきたのが「カタログギフト」です。

このように内容にはその時代の変化がありますが、それを行うしきたりとしては、ずっと変わっていません。

ご祝儀は、ゲストから新郎新婦への「祝福」を表し、引出物は新郎新婦からゲストへの「感謝」を表します。それはやはり結婚式が今も昔もその根底に「心の交流」を大事にする文化があるからでしょう。

いつの時代も結婚して自分の家族を持って初めて一人前、結婚する二人はそれまで育ててくれた両親や周囲の方々への感謝を、周囲は一人前になったことを祝福し、これからの未来への繁栄を祈るといった心の交流を表す場として結婚式を行ってきたのでしょう。

人生の節目である結婚式に、どのような意味を込めるのでしょうか?

結婚式は、本質が大切なものです。

流行の演出や装飾、形式などは、時代とともに変化していくことでしょうが、その根底にあるのは「愛」にほかなりません。

二人の周囲の人たちへの感謝とみんなの祝福、そして二人の未来への祈りはすべて愛の表れです。

これらは時代を超えて、なお色褪せず、脈々と受け継がれていくものでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ